自分で行う際のガラス修理に必要な道具は?

快適な居住空間を得ることにおいて、外の防塵と防風だけでなく室内外の防音によるプライバシーの保護の観点から窓ガラスはとても重宝するものです。しかし窓ガラスは音の衝撃を吸収するための弾力性の必要性から薄いガラスの板を張り付けているだけなので、強風で小石などが勢いよく当たってしまった時には簡単に割れてしまいます。窓ガラスが割れてしまうと窓ガラスがあることによる効果がなくなり快適な居住空間が得られなくなるので、早急に対処する必要があります。大半は窓ガラスが割れてしまった時には業者に委託することも考えますが、ネットの普及によって自分でも窓ガラスの修理の方法が広まることによって自身で行う場合も増えています。そこで自身が行うことを想定する際に、実際にガラス修理にはどんな道具が必要なのかと方法を知っておくことが大事になります。

ガラス修理に必要な道具一覧とは

必要な道具一覧としては、まず割れたガラスの代わりとなるガラスリペアをはめるために寸法を測れるメジャーを用意します。そのほかにはネジとねじを回すための電動ドライバーと固定するための金具を用意します。そして先に言ったとおりにガラスはとてももろいものなので手で持ち込んで割れてしまうと危険なので、手で持ち運ぶ際に役に立つガラス専用の吸盤が必要になります。そして窓ガラスは一枚の大きな窓だけでなく上下で分散しているタイプもあるので、一枚の大きな板を分割するためにオイルカッターを用意し最後に当然ながらねじを入れるための穴をあけなればならないためガラスに穴を開けるドリル用コアを用意します。これらの道具をすべて用意して、初めてガラスの修理を始めることができます。

窓ガラスの修理の手順と気を付ける点

道具一式を用意できたら、次は実際に修理に入ります。割れた窓ガラスをサッシごと取り外して、割れたガラスを取り外すために電動ドライバーを使用しねじを外し、ゆっくり窓ガラスを外します。そして用意した窓ガラスのリペアを安全に廃部ために吸盤に吸い付かせて運び、割れた窓ガラスの寸法に合わせてオイルカッターで切り落とします。そして切り落としたガラス板をサッシにはめ込むためにドリル用コアで穴をあけて、そこにねじをはめ込むための金具を取り付けてねじを電動ドライバーで回しつけます。最後にガラスをはめ込んだサッシをもとの状態に戻すことによって修理は完了します。実際に自分で修理できる道具や手段は確立できていますが、やはり窓ガラスのはめ込みには経験が必要になるので不安な場合には業者に委託することが望ましいです。